簡単にiTunesでバックアップを作成する方法

今回は、iPhoneを修理に出したり、バッテリーを交換したり、機種変更したり、あるいは定期的にバックアップを作成したい方のために、簡単にiTunesでバックアップを作成する方法を案内します。



そもそもiTunesとは

 

よくiTunesと聞いて思い浮かべるのは、PCからiPhoneへ音楽を取り込んだりすることだと思います。

このiTunesってそもそも何なのでしょうか。

iTunesとは、

アップルが開発及び配布しているメディアプレーヤーです。

できることとしては、

  • バックアップの作成・復元
  • CDからの取り込み
  • iPhone、iPad、iPod touch と同期
  • アプリのインストール
  • 写真・動画の取り込み

などです。メディアプレーヤーと言われるだけあって、さまざまなことができます。

iTunesの入手方法

 

じゃあどこでiTunesを手に入れるのかという話になりますが、

iTunesのサイトから入手することができます。

iTunesをダウンロード

このサイトにあるダウンロードというところからできます。

Macを使っている場合は、App StoreからでもOKです。

ちなみにお使いのWindowsで64ビット版と32ビット版の見分け方は、

  1. 「スタート」→「コンピューター」を右クリックします。
  2. 表示された一覧から「プロパティ」をクリックします。
  3. 「システム」が表示されます。 「システムの種類」欄から、パソコンにインストールされているWindows 7のビット数を確認します。 32ビットの場合 「32ビットオペレーティングシステム」と表示されます。

確認が取れ次第、ご自身のPCに適したiTunesをダウンロードしてください。

ダウンロードが終わると上記の画像のようになるので、その次は、インストールをします。

インストールは、デスクトップ上から行います。

ダブルクリック>実行>次へ

言語は日本語を選択してインストールです。

しばらく経つと、

になるので、これでiTunesは入手し終わりました。

iTunesを起動して設定をする

 

では、iTunesを起動していきます。

手順としては、

  1. デスクトップから「iTunes」をダブルクリックします
  2. 「iTunes ソフトウェア使用許諾契約」を確認し、「同意する」を選択します。
  3. 「ようこそ」の画面で「同意します」を選択します。
  4. タブの「編集」の中の「環境設定」を選択

そこから「デバイス」の項目を選択、

そして「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択します。

その後、PCとiPhoneを純正のケーブルで接続します。

そうすると、iTunes上で、

  • 過去に iTunes を利用されていた場合、「新しい iPhone として設定」と「このバックアップから復元」の選択肢が表示されます。
    「新しい iPhone として設定」にチェックを入れ、「続ける」を選択してください。

ちなみにこのときにiTunes上でiPhoneから応答してください、と出た場合には、

iPhone、iPad、iPod touch で表示される「このコンピュータを信頼しますか?」という警告がでます。

この場合は必ず「信頼」を押してください。iTunesから認識されなくなります。

詳しくは、iPhone、iPad、iPod touch で表示される「このコンピュータを信頼しますか?」という警告について

iPhoneをiTunesに接続すると、

こんな画面が出てくれば接続は完了です。

もしくは、左上に下記のようなiPhoneのマークが出ていれば、そこを押してください。

もしiPhoneが認識されなかった場合については、最後に後述します。

iPhone●と表示されている画面で、「今すぐバックアップ」を選択して手順にしたがっていけば、

バックアップの作成が終わります。

バックアップの作成が進むと下図のように作成中になりますので、

これが終わればiTunesバックアップの作成は終わりです。

iTunesでバックアップしたデータを確認する方法

 

機種変更や修理を控えている状況になると、これで本当にiTunesでバックアップが作成できたんだろうか?と不安になる方がいらっしゃると思いますが、その場合は、本当にバックアップが作成できたかどうか確認しましょう。

確認方法は簡単です。

さきほどと同じように、

タブの「編集」>「環境設定」

表示された設定画面にある「デバイス」を選択します。

「デバイスのバックアップ」欄でデータの有無を確認できます。

これだけです。うまくバックアップは作成できていたでしょうか?

iTunesで認識されなかった場合は

 

もしiTunesをダウンロードしてインストールしたにも関わらず、iTunes上で認識されない場合は、

こちらの手順をはじめからやってみてください。

ちなみにiPhone XR,XSは最新のiTunesでないと認識されないみたいです。

iTunesバックアップ作成のまとめ

 

今回はiTunesでiPhoneのバックアップを作成する方法をご案内しました。

簡単にこれまでの手順をまとめると、

  1. 最新バージョンの iTunes にアップデートします。
  2. iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します*。
  3. これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。
  4. iTunes に iPhone/iPad/iPod が表示されたら、それを選択します
  5. そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

になります。

ちなみにiTunesバックアップ作成の暗号化は、

  • iOS デバイスまたは Apple Watch 上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存

する必要がなければ暗号化はしなくて大丈夫です。

その理由としてはiTunesバックアップの暗号化にはリスクがあります。

もしこのパスワードを忘れてしまった場合には、iTunes バックアップから復元できなくなりますので注意してください。

今回参照にしたのは、

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です