【iTunesで認識されない】WindowsでiTunesとその関連ソフトウェアコンポーネントを削除して再インストールする方法

今回は、前回のiTunesに0xE800000Aのエラーが出てiPhoneが認識されないときの対処法をまとめてみたの続きになります。

もしくは、iTunesで音楽を同期しようとしても、iPhoneが認識しない問題が発生しているときに役立ちます。



そもそもなぜWIndowsでiTunesなどを削除/再インストールするのか

 

僕も以前、WIndows10を使っていたのですが、使用しているiPhoneを接続して音楽を同期しようとしたところ、

0xE800000Aのエラーメッセージが表示されました。

そして前回の記事等をざっと確認してみればわかるように、一見するとその問題はWindows側のiTunesに問題あるように思われます。

これまでのようなiTunesでうまく認識されるような手順をやってきたことを前提としてお話をすると、

そもそも認識されないのって元々のiTunesに問題があるんじゃない?ってお話になります。

つまり、元々WIndowsとiTunesとの相性が悪いってことになります。

なのでその場合には、WIndows側でiTunesを削除して再インストールする必要があります。

iTunesを削除/再インストールするとデータは残るのか?

 

僕も含めてよくiTunesの削除・再インストールと聞くと、データは大丈夫なのか?って思ったりもすると思いますが、そのことに関してAppleは、

iTunes Store から購入したメディアや CD から読み込んだ曲は、デフォルトでは「My Music」フォルダに保存されます。

iTunes を削除しても、これらのファイルは削除されません。

以下の手順で操作すれば、iTunes ライブラリのコンテンツがなくなる心配はまずありませんが、iTunes ライブラリのバックアップを定期的に作成しておくと安心です。

となっています。つまりiTunes上でCDからインポート(取り込んだ)した曲や購入したコンテンツ、バックアップ等は消えないことになります。

WindowsでiTunesを削除/再インストールする方法

 

ちなみにWIndowsでコンポーネントをアンインストールするにはWIndows7,8,10によって異なっています。

・WIndows7・8の場合

基本的には下記の方法で削除・再インストールをしていきます。

削除・再インストールの方法としては、

iTunesをwebからダウンロードしたのかMicrosoft Storeからダウンロードしたかによって異なります。

なのでここは前者をAパターン、後者をBパターンとします。

A.[プログラムと機能] で、不要になったデスクトップ アプリをアンインストールします。

 

プログラムをアンインストールまたは変更するには、

  1. [スタート] ボタン  をクリックし、[コントロール パネル][プログラム][プログラムと機能]の順にクリックして、[プログラムと機能] を開きます。
  2. プログラムを選択し、[アンインストール] をクリックします。一部のプログラムでは、アンインストールのほかに、プログラムの変更や修復を行うオプションが用意されている場合があります。ただし、多くのプログラムにはアンインストールのオプションしかありません。プログラムを変更するには、[変更] または [修復] をクリックします。
    Administrator permission required

    管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認操作を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です